りんご

ゆーかんSAGA

 

平凡なサラリーマン・うぃんすろうは、「何は無くとも健康なら良いや」と、「のほほんらいふ」を送っていたが、何の因果か命に関わる大病を患ってしまった。

その結果細胞のDNAに異常を起こし、正常な白血球が造れない体質に変わってしまったのである。

病気になったうぃんすろうは不健康そのものである。(T_T)

うぃんすろうは「慢性骨髄性白血病」と診断され、毎日自分で注射を打ちながら、いつ「急性転化」するか判らぬ身で当ての無い生活を続けるのであった・・・・(取り敢えず過去形)。

 

EPISODE I

EPISODE II

EPISODE III

EPISODE IV

EPISODE V


 

HOME